ワイモバイルの契約でスマホやガラケーを安く使おう!

ワイモバイルのスマホやsim契約の月額や実際の使用感についてY!ライフ

機種変更

ワイモバイルで機種変更はおすすめしない?2年後も安く使い続ける方法はコレ。

投稿日:

スマホ業界では当たり前ですが、契約から2年経過すると大概の場合、月額料金は高くなります。

これはワイモバイルにも当てはまる条件で契約から2年後に機種変更をすると、どうしても月額が高くなってしまうのです。

そこで、私が個人的にオススメする契約から2年後も安く使い続ける方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

2年目から高くなる仕組み

ワイモバイルの割引サービスの反映タイミング

そもそもなぜ契約から2年目以降は高くなってしまうのかと言う点について、詳しくご紹介いたしましょう。

厳密に言えば、「高くなる」のではなく、「割引がなくなる」と言う表現の方が正しいのです。

つまり2年目以降は基本料金で利用していくと言う事になるのです。

まっすー
とは言え、初めの2年間より
「高くなる」と言う事実は一緒ですよね^^;

初めの2年間で適用される割引

実際に初めて新規、もしくは乗り換えでワイモバイルに契約をすれば、基本的には以下の2つの割引キャンペーンが適用されます。

ワンキュッパ割

このワンキュッパ割は、契約から初めの1年間(12ヶ月)適用される割引で、一律-1,080円の割引となります。

ちなみに、これはソフトバンクからの番号移行の場合でも適用されますので、SoftBankユーザーの方もご安心ください^^

月額割引

次に月額割引ですが、この割引は端末の分割代金に対して適用される割引サービスです。

適用期間は分割年数とリンクしていますので、スマホなどの24回払いの場合は2年間、ポケットWi-Fiの様に36回払いの端末に対しては3年間の適用期間となります。

※android One S1とS2では分割契約自体できないので、月額割引は適用対象外(simのみ契約も対象外)。

2年目以降は割引がなくなる

以上の2点から、2年目以降は割引自体がなくなってしまうので、結果的に支払額が大きくなってしまう様に感じてしまうのです。

ただし、2年目以降は機種代金の分割支払い自体がなくなりますので、結果的に安く感じる事ができるパターンもあるのです。

よって2年目以降も、その契約を継続する事で基本料金のみの支払いになりますので、元々の端末代金が高かった方には状況が良くなると言う現象になるのです。

もちろんそんな方でも、そこから機種変更を行うと一気に状況は変わってしまいます^^;

 

機種変更をすると、もれなく割高に!

ワイモバイルでは機種変更で高くなる

上記でも記載した通り、人によっては3年目以降の方が安くなる可能性があります。

しかし、現実問題スマホを3年以上同じものを使い続ける方というのは非常に少数派で、多くの方が契約から2〜3年ほどで機種変更を行う事でしょう。

そして、機種変更を行うともれなく割高になってしまうのです。

機種変更時の割引内容

機種変更を行うと言うことは、端末が新しくなります。

よって、幸いなことにここでも月学割引が適用となります^^

しかし、機種変更で適用される月額割引は、新規や乗り換えの時の月額割引よりも大きく割引額が下がってしまうのです。

例えば、iPhoneSEの32GBを例とすると、乗り換えでの月額割引は1,620円となっているのに対し、機種変更では1,080円の割引額となるのです。

まっすー
約2/3の減額ですね(汗)

更に残念な事に、機種変更の場合は乗り換えや新規の場合に適用されていたワンキュッパ割が丸ごと適用されないので、1,,080円分のお得感が感じられなくなるのです。

新規・乗換 機種変更
ワンキュッパ割 -1,080円割引 なし
月額割引 満額適用 2/3に減額

 

同じサービスレベルで継続は難しい

この様に、ワイモバイル内で機種変更を行うことは非常にメリットが少ない状況なのです。

ここより安くするには、格安スマホなどへの乗り換えも検討するでしょうが、格安スマホの場合は確実に通信状況が今よりも劣化してしまうので、ゲームや動画、最悪の場合はLINEの使用でもストレスを感じてしまう可能性があるのです。

かといって、ドコモやau、SoftBankへ乗り換えると、通信は最強ですが月額が機種変更時よりも高くなるので本末転倒です。

そうなると、残された方法は、たった一つです。

 

2年目以降も安く使う方法

機種変更を行わずに安く使う方法

以上の事から正攻法では機種変更では安くならない事がお分かりいただけたでしょう。

では、2年目以降も機種を変更して安く使い続ける方法はどんなものがあるのか、そちらをご紹介いたします。

更新月に解約して新規で契約し直す

一つの目の方法は、現在の契約に固執せず更新月に一旦解約を行い、代わりに新規契約で新しく使い続けるという方法でございます。

新規であれば、各種割引も十分に適用されますので、機種変更時に比べてからり月額の負担も減らす事が可能です^^

ただし、この方法には注意点が存在します。それは、一旦解約してしまうと半年経過しないと新規契約時の審査が超厳しくなるので、現在の回線の解約を行う前に新規契約を行い、新規契約の審査が通過してから現回線の解約を行う必要があるのです。また、新規で契約となりますので、当然現在の電話番号とは違う電話番号に変更となります。よって、ラインのIDの引き継ぎなどを行う際は事前に引き継ぎ準備を行う必要があるでしょう。

UQモバイルに乗り換える

前述の通り、格安スマホに乗り換えると通信が悪くなり、3大キャリアに乗り換えると月額が高くなるので、機種変更による月額の増額を避けるのは難しいとお話ししましたが、実はワイモバイルと同じ様に通信が良く月額も抑える事が出来るキャリアが存在したのです。

それがUQモバイルです。

実はUQモバイルはワイモバイルと全く同じ価格設定になっていて、しかもiPhoneの取り扱いもありほとんど同じサービスとして認識しても大丈夫なのです。




ただし、UQモバイルへの乗り換えをお勧めできない人もいるのも確かなのです。

UQモバイルへの乗り換えが損な人

・おうち割を適用している

・Yahoo!プレミアム for Y!mobileを利用

上記に該当する方は、UQモバイルでは該当割引サービスがないので、機種変更を行う事で逆に合計額が高くなってしまう可能性があります。

特にSoftBank光を利用している方の場合は、乗り換えを行う事でネット回線側の月額も1,000円近く高くなってしまうのです。

よって、現時点で上記2点のサービスを利用している方は、おとなしくそのままワイモバイルで機種変更を行うか、新規契約を行いましょう^^

mnpmerit MNPでワイモバイルへ乗換手順

管理人おすすめ

simのみ契約

とにかく便利!iPhoneシリーズはもちろん、android系でもsimロック解除さえ出来れば使える機種が多いので、他社からの乗り換えに最適!もちろんテザリングも無料で利用できます。しかも、2018年4月から月額が安くなる特別割引も導入されたのも大きいです^^

P20 lite

新しく登場した激安ハイスペック機種であるP20 lite。カメラのポートレート機能なども搭載され、スマホが不慣れな方向けの機能もついているので、万人向けのスマホです。しかも価格改定でスマホプランM以上で実質無料の機種となりました!

AndroidOne X3

AndroidOneの中でも高機能と人気のXシリーズから、メチャクチャ頑丈な機種が登場!その名もAndroidOne X3!笑えるくらい頑丈ですので、何年も利用したいという方にオススメのスマホとなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まっすー

まっすー

au→マイネオを経て、ワイモバイルへと辿り着いた社会人男子。 勤め先も通信系の業界の為、日々世に出回りにくい情報を発信できたらと考えています^^

-機種変更

Copyright© ワイモバイルのスマホやsim契約の月額や実際の使用感についてY!ライフ , 2018 All Rights Reserved.