ワイモバイルの契約でスマホやガラケーを安く使おう!

ワイモバイルのスマホやsim契約の月額や実際の使用感についてY!ライフ

iPhone ワイモバイル

ワイモバイルのiPhoneにSoftBankから乗り換えるとどんなデメリットがあるの?

更新日:

ワイモバイルのiPhoneは非常に魅力的な金額で契約・使用する事ができます。

そう感じるのは、何も全くの他社キャリアの方だけではなく、自網(同じグループ会社)であるSoftBankユーザーから見ても同様に魅力に感じれる物なのです。

ここでは、ソフトバンクからワイモバイルのiPhoneに乗り換える際のデメリットについてご紹介します。

 

ソフトバンクとの関係

そもそもワイモバイルはソフトバンクグループの一つに当たるので、自社サービス(自網と呼ぶらしい)になります。

よって、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、簡単に言えば機種変更に近い感覚なのでしょう。

※「ソフトバンクからの乗り換え」は、「番号移行」という区分に該当します。

 

ソフトバンクユーザーはメリットが少ない?

上記の事から、SoftBankユーザーの方が、ワイモバイルに乗り換える場合、通常の新規や乗り換えで受けられる割引の金額やキャッシュバックが減少してしまう事があるのです。

実際の例で見て見ましょう。

SoftBankユーザーはキャッシュバック対象外

格安sim

まず、代表的な例で言えば、ワイモバイルのsim契約でSoftBankユーザーと他社で差が現れます。

それは、オンラインストアでsim契約を行なった際にもらえる特別割引です。

スマホプランSであれば2年間432円、スマホプランM/Lであれば2年間648円の割引が発生するのですが、なんとSoftBankユーザーはこれが発生しないのです。

割引対象者は、「新規」と「乗り換え」と記載があります。

しかし、前述しているように、ソフトバンクからの場合、「乗り換え」ではなく「番号移行」という区分になりますので、これが適用されないのです。

 

月額割の金額が少ない

仮に、iPhoneSEを検討しているとしましょう。

通常の新規や乗り換えの場合は、割引項目の一つである月額割引の金額が-1,620円となります。

しかし、SoftBankユーザーの番号移行の場合は、この月額割引の割引金額が-1,080円となるのです。

その差540円と微妙な金額の差額が発生するのです。

 

 

SoftBankからワイモバのiPhoneに乗り換えるデメリット

デメリット

SoftBankからワイモバのiPhoneに乗り換えるデメリットとしては、やはり上記で示した割引の差額がある事と言えるでしょう。

その金額540円ですが、現在ソフトバンクで支払っている月額よりは確実に安い料金であることは間違い無いでしょう。

よって、この差額を損と捉えるか、もしくは減額されても得は得と捉えるかによって、随分見方は変わるでしょう。

ただ、ワイモバイルの月額で、質の良い通信が可能であるという事自体にかなりのメリットがあるので、一考の価値は確実にあるでしょう。

mnpmerit MNPでワイモバイルへ乗換手順

管理人おすすめ

simのみ契約

とにかく便利!iPhoneシリーズはもちろん、android系でもsimロック解除さえ出来れば使える機種が多いので、他社からの乗り換えに最適!もちろんテザリングも無料で利用できます。しかも、2018年4月から月額が安くなる特別割引も導入されたのも大きいです^^

P20 lite

新しく登場した激安ハイスペック機種であるP20 lite。カメラのポートレート機能なども搭載され、スマホが不慣れな方向けの機能もついているので、万人向けのスマホです。しかも価格改定でスマホプランM以上で実質無料の機種となりました!

AndroidOne X3

AndroidOneの中でも高機能と人気のXシリーズから、メチャクチャ頑丈な機種が登場!その名もAndroidOne X3!笑えるくらい頑丈ですので、何年も利用したいという方にオススメのスマホとなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まっすー

まっすー

au→マイネオを経て、ワイモバイルへと辿り着いた社会人男子。 勤め先も通信系の業界の為、日々世に出回りにくい情報を発信できたらと考えています^^

-iPhone, ワイモバイル
-

Copyright© ワイモバイルのスマホやsim契約の月額や実際の使用感についてY!ライフ , 2018 All Rights Reserved.